miel.mie(ミエルミエ)のトキメキ日記

ハンドメイド、インテリア、スイーツ…トキメキをなんでも残そう!

ちょっとイイ本📖服を買うなら、捨てなさい

こんにちは!

 

お変わりありませんか?マイペースですみません💦私は元気にしています😅

 

今日は、先日図書館に行ってふと目に留まった本をご紹介します。

 

タイトルは「服を買うなら、捨てなさい」

f:id:lesucrecandi:20181006071519j:image

著者はスタイリストの地曳いく子さん。

 

私はこのテの本が割と好きですから、少し前に流行った「フランス人は10着しか服を持たない」も、3冊とも読みました😊

 

元々、モノをあまり持ちたくないので、家族からは「何でもすぐ捨てる」と思われ、紛失物は真っ先に私が疑われます💧

確かに家族各々が必要とする物まで、勝手に捨ててしまった事もあるので、強く反論出来ないこともしばしば😅

だから今はそういう、怪しい類は4次元ポケットならぬ4次元袋に一旦入れております(笑)

 

ところが最近また失敗してしまいました😣

 

時季的にカーディガンが欲しくなり、ネットでセール中のカーデを2色買いしてしまったんです。それも普段は着ないピンクと黄色を😓

 

私は肩幅があるので、肩のサイズで探したらLサイズ。普段の服のサイズはS〜Mですが、肩が合ってないとピョコンと上がって格好悪いので、今回肩幅に合わせて注文しました。

そして届いたカーデを着てみると、肩幅は丁度良いけど袖が長い…😔元々腕は長い方なんですが、なんだかやっぱり全体的に大きい感じ。

 

それでも、折角買ったんだから袖を折り返して着れば大丈夫!と思い直し、どちらも着ることに。元々着ない色だから肩がけして差し色に使えば大丈夫♪

 

…でも、1、2回着たら気が乗らなくなりました😓

 

その後購入したシャツワンピースもそう。

 

1着でワンピとしてもイケるし、寒ければ羽織りものとしても使える!😆

今度娘と京都に行く時に、なるべく娘とシェアして荷物を少なくしようと思い、ベージュのAラインシャツワンピースを若い子向けのお店で見つけました。

少し光沢もあってキレイめなので、娘とシェアして大丈夫かな?と店員さんに聞いてみると「ハイ、若い方でしたらワンピースとして着て頂いて、年配の方は羽織りものとして着られると良いと思います!」とのこと。

年配という言葉に引っかかりながら試着し(笑)丈も丁度良いし、これまで見てきたシャツワンピよりセールで半額近くも安くなっていたので買って帰りました。

 

そして家に帰って羽織ってみたら、あれ?お店の時ほど良いと思わなーい😅

鏡のマジック使ってた?

娘は「この前買ったワンピースと色が被ってる」とあまり嬉しくなさそうだし😓

 

こうしてカーディガンもシャツワンピも、そのうちリサイクルショップに持って行くことになるだろうと予感したのでした。

 

妥協して買うとやっぱりいけませんね💧

 

 

この本を読んで、改めて自分を知ることや良い買い物をすることの大切さが分かりました😌

 

自分の好きなものが分かっている=スタイルのある人。スタイルとは結局、自分が「好きなもの」「ときめくもの」のこと。そしてそれが、その人の生き方を反映していくのです。

 

私のブログタイトルでもあるトキメキとはなんぞや…私はまだ自分のスタイルを作り上げている途中なんだなぁと感じました。

 

かつて自分の好きだった服装から、現在母親としてのシチュエーションでの服装、更にこれから、子育てが終わった後の自分のスタイルとは?まさか若い頃好きだった服装では、ちぐはぐになってしまうだろうし…。

 

そんなことを考えていると、子供に将来を逆算して今やる事を促していたけれど、実は自分自身にも当てはまる事ではないかと諭されたような気がしてきました😅

 

 

この本には、自分のスタイルを見つけるために必要なことがいくつか書かれてあります。

 

①まず靴を見る。そして、その靴に合う服を整理すると良い。履きやすい靴ではなく、履き心地がいい靴を選ぶ。靴に1番お金をかける。

 

②コストパフォーマンスは何年使えるかではなく、何回使うかが重要。一生ものは、今の時代ほぼ当てはまらない。

 

③ワードローブが同じ系統のものばかりになってもOK。それがその人のスタイルだから、むしろそれは成功と言える。

 

この3つの章が印象的でした。

 

ヘップバーンやジーンセバーグなどの名前を聞くと、彼女達の服装やヘアスタイルなどがすぐ浮かぶのはワンパターンだから。スタイルとは究極のワンパターン。おしゃれになることは自分のワンパターンを見つけることだそうです。

 

なるほど!なんだか心が軽くなり、色違いや差し色で服を足さなくてもいいやと思いました😊

 

 

そしてこの本では、最後に今という時代にフィットして生きましょうとありました。

今を素敵に生きる人が、素敵な次の世代を迎えることができると…。

 

私も改めてものを持つことが目的にならないようにしようと思いました。

来年も着れるか、などとは考えず(笑)これからもアンテナを張って、今のトキメキを載せていきまーす🤗

 

長文を最後まで読んで頂き、どうもありがとうございました♡