miel.mie(ミエルミエ)のトキメキ日記

ハンドメイド、インテリア、スイーツ…トキメキをなんでも残そう!

電球ピアスと彼女のアジサイの話♡

 

こんにちは♪

 

いつも読んで頂きありがとうございます♡

 

 

昨日は、オーダーの電球ピアスを届けに行って来ました(^^)

f:id:lesucrecandi:20180711102756j:image

同じものが欲しいと言われたので、出来る限り忠実に再現したつもりですが、ハンドメイドなので自分で作っておきながら、これが結構難しかったです💦

単に私の腕が未熟だからなんですけどね(^^;;

 

1点モノは、自分だけが手にしている満足感がありそこが魅力ですが、作り手としては、私も欲しいと言われた時に応えられることも大事だと思いました。少なくとも代金を払って頂くのであれば…。

アレンジと同じ位、同じモノにも研究が必要だなと改めて感じました。

 

 

話を戻します(^^)

まずはピアスをお渡しして、ランチにお蕎麦を食べ、場所を変えてコーヒーとクイニーアマンを頂きながら、楽しいお喋りが続きました♬

 

そのこと自体がその日のトキメキではありましたが、ご一緒した彼女(大先輩ですが、親しみを込めてそう書きます。読んでいたらゴメンナサイ😅)とのお喋りの中で、更に私のトキメクことがありました♬

 

それは、彼女とアジサイの話をした時でした☆

 

 

ガーデニング好きの彼女はお花の事、ドライフラワーの事にとても詳しく、ご自身でリースをいくつも作っており、スマホには素敵なアジサイリースの写真がいくつも撮ってありました♡

いやもう、それが可愛いのなんのって(≧∀≦)

例えばこんな写真♪

f:id:lesucrecandi:20180712171506p:image

 

 

私は1本でも存在感のある花が好きで、カラーやガーベラ、チューリップ等を好んで飾ります。沢山生けると豪華だし、1本だけ飾っても可愛いと思います…♡

山形に住んでいた頃は近くにダリア園があったので、ダリアの花もまた大好きです♪

 

ところが、昨年辺りからアジサイがとても気になりだしました。

多分、とある雑誌の1ページにインテリアの一部として置かれていた、白くてまぁるいアジサイを見てからだと思います。更に、雑貨屋さんでも最近よく見かけるようになったと思います。

 

それまでアジサイって、私の中では小学校の教室や通学途中の家の垣根を連想し、洗練されたイメージは全くなかったのですが、そのページを見た時、何?アジサイってオシャレじゃん♡とトキメキました(^^)

 

そして雑誌のアジサイは、ドライフラワーだと思い込み、お花屋さんで探して買うと、花瓶に生けた後ドライフラワーにしてみました。

 

スマホで検索すると、アジサイドライフラワーは品種によって向き不向きはあるものの、比較的作りやすい方で、時期を知れば放ったらかしでも出来るとのこと♪

しかし、だからと言って本当に空の花瓶に入れっぱなしにしておくと、アジサイは小さく小さく萎み、花びらはチリチリになってしまいます(T-T)時期を知らないから…

 

 

娘が一言「コレ、枯れてんじゃない?」(¬_¬)

 

 

そんなエピソードを彼女に話すと、アジサイドライフラワーはそれでは出来ないよ、と言われました💦

 

ざっくり言うと(笑)アジサイは買って来た場合、生花を楽しんだら透明な瓶に3cm程水を入れて、水が無くなったらまた3cm入れる…を繰り返しながら徐々にドライフラワーにしていくそうで、これをdry in Water と言うそうです。

この方法でドライフラワーにすると、アジサイの花びら(花びらと思っていたところは、実はガクの部分とも知ってビックリ‼︎)が萎むことなく、成功しやすいと教えて頂きました(^^)

 

更に、白いアジサイの正体はアナベルといって、うす緑から白、やがてまたグリーンに変わるのだと知って2度ビックリ‼︎

 

そうか💡だからお花屋さんに白いアジサイがあったのが、ある時期からグリーンばかりになったんだー♬

恥ずかしながら私は、生花の白はずっと白いまま。グリーンはずっとグリーン。当然、水色はずっと水色だと思っていたのです(^^;)

 

 

アジサイは奥が深いなぁ…感心と感謝の眼差しで彼女の話を聞いていました(*⁰▿⁰*)

 

 

しかし、あの白いアジサイアナベルという生花だったとは…💧

「花の命は短くて…」ってやつですね(^^)

 

アナベルの白い時期は旬の生花を楽しむことにして、この夏の終わりにはドライフラワー作りに再挑戦してみようと思います♪

出来たらこんな風になるそうです♡ステキ!

f:id:lesucrecandi:20180712173131p:image

 

上手く出来たらまたお話する機会ができるかも、です

\(^^)/

 

それではまた♪

最後までお読み頂きありがとうございました♡